2016春夏、薄色でも着痩せが叶うアイテムの選び方

2016-04-14

2016春夏、薄色でも着痩せが叶うアイテムの選び方

薄色アイテムが多いこの季節。薄色でも痩せて見える服の選び方や薄色アイテムの着やせコーデをご紹介します♪

記事:スタイリスト森田文菜 / XZアカウント@ayana0811m

 

気温が高くなり薄手のお洋服でお出かけすることも多くなってきました。

暖かい昼間はTシャツ1枚で過ごすなんていう人もいらっしゃるのではないでしょうか。

急にやってくる暖かさにお洋服は対応できても自分の体型はまだまだ対応できていない…なんて人も私を含めたくさんいるはずです。

春夏のアイテムは薄手でしかも淡く薄い色味が多いですよね。またそのような色味を好んで着たくなるのが女心。

そこでこれからの季節、薄色でも細く見せられる、アイテム選びの鉄則をお教えします!

 

ボトムスは、ピタピタサイズは絶対にNG!

白いワイドパンツに白ニットのオールホワイトコーデの外国人女性
出典:pinterest

トップスボトムスに限らず、まず薄色アイテムで注意して欲しいのがアイテム自体のサイズ感。

特にボトムスは、最近はゆるっとした太めのデザインがトレンドになっており、そこまでスキニーな細身アイテムというものは流通していないので大丈夫だとは思いますが、淡い色味でピタピタしたサイズのものは絶対に選んではいけません。

ただでさえ膨張色になりがちな薄色をさらに膨張させ、強調させてしまう恐れがあります。

ダボダボすぎず適度に体に沿うサイズのものを必ず試着をして選んでみてください。

 

気になる部位が透けない素材のものを選ぶ!

白ブラウスを着た外国人女性
出典:pinterest

次に注意したいのが素材感。この季節、どうしても透けるものが多いのが事実。

しかし透けと着太りはものすごく近い存在。肌の生々しさが着太りにつながるため、全体として膨張した印象になってしまう恐れがあります。

せめて自分がコンプレックスを持っている部位だけは透けない素材のデザインのものを選ぶようにしましょう。

ポイントは肌の生感を見せないことです。

 

締め色を必ずコーディネートに入れる!

ホワイトコーデに黒ジャケットを羽織ったモノトーンコーデ
出典:pinterest

最後にコーディネート方法。薄色を着る時はどこか1点濃い色を使い引き締めてあげることを忘れないでください。

トップスの場合はボトムスに、ボトムスの場合はトップスに、濃いめや暗めの色を入れてメリハリコーデを目指しましょう。

またトレンドのオールホワイトなどお洋服すべてを薄色にする場合、靴や小物は必ず濃い色にしましょう。

さらに靴はポインテッドトゥ(つま先が尖ったデザイン)などシャープな印象のものにしてあげると縦長効果も加わり着痩せ効果がアップしますよ!

 

春夏になると自然と着たくなる薄い色、淡い色のアイテム。

着太りしそうだから…と我慢するのではなく、着太りしないアイテムを選んで目一杯薄着のおしゃれを楽しみましょう!

share to sns

COLUMN コラム

XZのアプリを使えば自分の服とコーデを管理して持ち歩ける Myクローセットでアイテム管理、コーデを作る、着回しコーデQ&A、着回しカレンダー
  1. 2016春夏、薄色でも着痩せが叶うアイテムの選び方